ザ・ルーツJINシリーズ


  • ドライバー
  • アイアン
  • フェアウェイウッド
  • ユーティリティー
  • パター

ザ・ルーツJinシリーズ商品イメージ

開発ストーリー

飛距離性能にこだわったザ・ルーツ シリーズの新しい仲間として、ザ・ルーツ ジン シリーズが完成致しました。ジンの名前は弊社が世界で唯一使用しておりますスーパーアーメット鋼が持つ強靭な特性を大きく活かした製品であることから、強靭のジンを名前として取らせていただきました。

今回の製品では「人生最高飛距離を出しましょう」というキャッチフレーズをつけておりますが、ゴルファーが今までで一番の飛距離を出して頂けるよう、ヘッド、シャフト、グリップの仕組みを大きく改善しております。クラブの種類別にその飛距離の秘密を書かせて頂きます。

ザ・ルーツJin ウッド類の開発秘話

ザ・ルーツ Jinドライバーヘッドの開発では、平均的なアマチュアゴルファーのヘッドスピードのままで、飛距離アップに役立つヘッド構造を開発することが最初の課題でした。
というのもヘッドスピードが速くなることが、飛距離アップに非常に有利なことはご存じの通りです。
しかし、ジムに通い、筋力を鍛えて、ヘッドスピードアップさせることは、一般アマチュアゴルファーには難しい課題でもあります。

そこでヘッド構造で飛距離アップできる方法を模索していた中、発見致しましたのは、アーメットフェースの“たわみ”に加え、ボディも、クラウンも効率良く“たわむ”構造にすれば、アーメットフェースの弾きが更に増し、飛距離アップ効果が素晴らしいものになるということでした。

そこでザ・ルーツJinドライバーではカップフェースの形状からボディの構造、肉厚の細かい部分まで見直し、フェース面からヘッド後方まで全体的にたわむヘッドに致しました。

これはルーツゴルフのスタッフだけが使っている言葉ですが、この構造から生まれるスピン量の特に少ない球質を「アーメット球」「アーメットボール」と呼んでいます。このボールが打てると同じヘッドスピードのゴルファー同士が競った場合、飛距離において大きな差がつきます。

ヘッド開発の次はシャフト開発です。シャフトの使命はヘッドスピードを速くすること、ヘッドを精確に導くことですが、今回ザ・Jinドライバーのシャフトでは更にハードルを高くし、ヘッドスピードを上げ易いように軽量化を図るが、軽いシャフトにありがちな当たり負けを起さないものを開発すること、さらにはヘッドを正確に導きながら、ボールの打ち出し角度を高くするものを開発することとしました。

しかし、軽く仕上げるとシャフトのトゥダウン現象(ヘッドが垂れるようにシャフトがしなってしまう現象)が大きくなり、精確なインパクトに至りません。これには今までのシャフト開発過程で得た技術をいろいろと駆使しましたが、なかなか改良には至りませんでした。

そこで設計技術だけでなく、シャフト材料の見直しを行い、東レ製高強度高弾性シート「TORAYCA® T1100G」を採用(ドライバー専用)致しました。
これはとても面白いカーボンシートで、通常のカーボンシートでは強度と弾性は相反するものなのですが、高強度と高弾性を両立させた特殊シートです。

このシートを使用することで、軽くても当たり負けしにくく、さらにトゥダウンが少ないシャフトとなりました。さらにシャフト手元側の剛性を高くし、先端側250㎜部分に約20㎜幅の特殊なシートを巻きつける事で、インパクト時にボール高く飛び出す機能を持たせました。これがダブルウェーブ機能です。

今回新たに開発したヘッドとシャフトを組み合わせた「ザ・ルーツJinドライバー」はスピンが少ないボールが簡単に打て、自然な感じで振っても、驚くほど飛距離が伸びるクラブになったと自負しております。

フェアウェイウッドやユーティリティについても紹介させて下さい。
ヘッドはドライバーと同じ構造を採用し、ボールのスピンが少なく、重い球が出るように設計しております。また、ソールの滑りを良くしながらも、地面を適度に弾いてくれるソール形状と、厚みを薄くしたシャローフェースを組み合わせた結果、球が楽に高く飛び出すヘッドになっております。球の上がり易いヘッドになったことを表現したく、番手表記は3½、5½にしております。

ザ・ルーツJin アイアンの開発秘話

「以前は好きだったロングアイアンがうまく打てなくなったので、今は仕方がなくユーティリティやフェアウェイウッドを使っている」と仰られるゴルファーに、やはりアイアンでグリーンを狙ってもらいたい!という想いを込め、「ザ・ルーツJinアイアン」の開発に取り組みました。

まずは見た目で易しさが伝わり安心感を持てるようソール幅は広めにしました。これだけでは何の工夫もありません。「ザ・ルーツJinアイアン」のソールは3つの面で構成されています。

フェース側から最初の面にはインパクト時に一旦地面へ食い込み、インパクト以降にはヘッドがスムーズに抜ける効果を、中央の面には、多少ダフり気味になってもソールが滑り抜けてくれる効果と球の高さを安定させる効果を、最後の面には、すくい打ち気味に打っても地面に弾かれ過ぎない効果と、ソールが幅広に見えすぎない効果を持たせました。

6番アイアンでも球がスムーズに上がるよう、ヘッド内部に高比重のタングステンを埋め込み、形状的にはロートゥ型(ヘッドのトゥ側を低くしたヘッド形状)のヘッドとして重心位置を下げました。ロートゥ型のヘッドでありながらも、素直に構えられること、ターゲットへの直角感が出し易しことにこだわっておりますので、是非構えてお確かめ下さい。

またシャフトもウッド用に同じく、先端側に特殊なシートを巻き付け、ボールを跳ね上げてくれる効果を持たせましたので、6番アイアンでも自信を持って打っていただけるクラブになったと思っております。

「人生最高飛距離を出したい」
「楽に飛ばせるクラブで、ゴルフをもっと長く楽しみたい」
「風がアゲンストの時でも、影響されない強い球を打ちたい」
「アイアンで攻めていけるゴルフスタイルに戻したい」
という方は、この「ザ・ルーツJinシリーズ」を是非お試し下さいませ。

株式会社ルーツゴルフ
開発責任者 其阿弥貴之

クラブアドバイザー奥野に聞く「ザ・ルーツJINシリーズ」

ザ・ルーツJINシリーズは、どのようなターゲットを想定して作られているのですか?

ザ・ルーツJINシリーズは、ヘッドスピードに自信がない方にも楽に振れて、スイング中のミスもカバーしてくれ、とても簡単に飛ばせるクラブです。
60代~70代のアクティブシニアの方、50代で楽に飛ばしたい方におすすめです。諦めかけていた飛距離を取り戻せるクラブです。

「アーメットInfiniシリーズ」と比べて、どこが違うの?

ルーツゴルフのクラブは、飛距離アップの秘訣であるアーメットフェースを用い、アマチュアゴルファーにやさしく作られている点で共通ですが、ザ・ルーツJINシリーズは、楽に振ってやさしく飛ばせるクラブです。アーメットInfiniに比べ、軽く作っており、クラブがヘッドスピードをどんどん加速してくれ、大きな飛距離をびっくりするほど簡単に生みだす設計です。

それに比べアーメットInfiniシリーズは、打ち応えと操る楽しみにこだわった造りです。
飛距離アップと共に操作性もアップさせたいゴルファー向けですね。

ドライバーの弾道特徴は?

10.5°11.5°のロフトがありますが、どちらもそのロフトに対して、少し高めの出球です。重心深度を浅めに設計しているため、低スピンで直進性が増し、飛距離アップにつながります。また、落ち際の角度は浅くなるため、ランも期待できます。

11.5°をお使いの場合は、ディスタンス系のボールをご利用頂くと、高打ち出し、低スピンの理想的な弾道となります。

ヘッドスピードはどれくらいの人におすすめ?

ザ・ルーツJINシリーズのシャフトはスインガータイプのゴルファーが楽に高弾道を得られる設計です。シャフトのフレックスはSR・R・R2・L(レディス)の4段階をご用意しております。適応ヘッドスピードの目安としましてはSRは40~43m/s、Rは38~41m/s、R2は35~38m/s、Lは32~35m/sとしております。持ち球との相性や硬さのお好みも加えてお選びください。

試打クラブレンタルをご利用いただいたり、クラブアドバイザーとご相談の上、お選びいただくことをおすすめします。

クラブのセッティングについてアドバイス願います。

ザ・ルーツJINシリーズでは多様なセッティングが可能です。たとえば、フェアウェイウッドを得意とされる方はW/3、5番と揃えて頂き、ユーティリティやアイアンを得意とされる方はユーティリティの4、5番を揃えて頂くといった具合に、ホームコースに合わせて、またプレースタイルに合わせてチョイス頂けます。

メディア掲載情報

スポナビ、スポナビDOにて、最長飛距離でギネス認定時に使用されたザ・ルーツJinドライバーの解説動画記事が掲載されました!

スポナビ掲載記事

>>スポナビDO掲載記事はこちら
>>スポナビ掲載記事はこちら

「ゴルフ用品界8月号」におきまして、ザ・ルーツJinドライバーが紹介され、佐伯プロがなぜ飛ぶかを詳しく紹介いただきました。

ゴルフ用品界Jinドライバー掲載記事

「ゴルフクラシック9月号」におきまして、ザ・ルーツJinフェアウェイウッドが紹介されました。

ゴルフクラシックJinフェアウェイウッド掲載記事

「ゴルフクラシック9月号」におきまして、ザ・ルーツJinユーティリティが紹介されました。

ゴルフクラシックJinユーティリティ掲載記事

Choice夏号の特集「2019 THE Meister Club」におきまして、ザ・ルーツJinドライバーが紹介されました。

ChoiceJinドライバー掲載記事

4月26日放送のKBS京都「京bizX」の「水巻義典のブレインショット」にて水巻プロにザ・ルーツJinシリーズについて解説いただきました。



ワッグル6月号の特集「最新アイアン一気試打」におきまして、ザ・ルーツJinアイアンが紹介されました。

ワッグルJinアイアン掲載記事

Jinドライバーを使用したギネス世界記録更新の様子を3月22日金曜日21時~KBS京都テレビの「京bizX」にて放送されました!



ゴルフダイジェスト4月9日号にJinドライバーの記事が掲載されました

ゴルフダイジェスト掲載

日本経済新聞 2019年3月25日号全国版朝刊に掲載されました

日経掲載

090-3628-5962