RSS
 

ザ・ルーツSuiシリーズ

  • 飛距離を取り戻したいアクティブシニアの方
  • ルール適合なのに、飛ぶクラブが欲しい方
  • ヘッドスピードに自信はないが、遠くまで飛ばしたい方
  • キャリーを出して飛距離を伸ばしたい方
  • 楽に高弾道の球筋を打ちたい方
  • 簡単に真っすぐ飛ぶ、やさしいクラブが欲しい方
  • 機能面だけではなく、美しさにもこだわりたい方

キャンペーン

  • ドライバー
  • アイアン
  • フェアウェイウッド
  • ユーティリティー
  • パター

ルーツゴルフ所属難波プロに聞く「ザ・ルーツSuiシリーズ」

ザ・ルーツSuiシリーズは、どのようなクラブですか?

ザ・ルーツSuiシリーズは、ヘッドスピードに自信がない方にも楽に振れて、スイング中のミスもカバーしてくれ、とても簡単に飛ばせるクラブです。 
60代〜70代のアクティブシニアの方、50代で楽に飛ばしたい方におすすめです。諦めかけていた飛距離を取り戻せるクラブです。

「アーメットGシリーズ」と比べて、どこが違うの?

ルーツゴルフのクラブは、飛距離アップの秘訣であるアーメットフェースを用い、アマチュアゴルファーにやさしく作られている点で共通ですが、アーメットGシリーズは、やや重めで、しっかりとした打ちごたえ、手ごたえを求める方に向いています。

飛距離アップと共に操作性もアップさせたいゴルファー向けですね。

Suiシリーズは、楽に振ってやさしく飛ばせるクラブです。アーメットGに比べ、軽く作っており、クラブがヘッドスピードをどんどん加速してくれ、大きな飛距離をびっくりするほど簡単に生みだす設計です。

同タイプの前シリーズ「Karyouシリーズ」と比べ、どこが違うの?

Karyouシリーズはその大きな飛びで大変な好評を頂戴しました。このSuiドライバーはKaryouよりも重量も軽くなり、クラブヘッドが自動的に走る感じで、球もつかまり、ドロー系の球筋が出し易くなりました。またSuiアイアンはロフトがKaryouアイアンより約2度立っており、シャフトが約5mmほど長くなっていたり、6番から9番のヘッドにはタングテン金属がヒール側に取り付けられ、ヘッドターンのし易さも上がりました。これらは全て飛距離アップに直結する要素ですので、びっくりするほどの飛距離が得られます。

ドライバーの弾道特徴は?

10.5度、HT(12度)のロフトがありますが、どちらもそのロフトに対して、少し高めの出球です。重心深度を浅めに設計しているため、低スピンで直進性が増し、飛距離アップにつながります。また、落ち際の角度は浅くなるため、ランも期待できます。

HT(12度)をお使いの場合は、ディスタンス系のボールをご利用頂くと、高打ち出し、低スピンの理想的な弾道となります。

ヘッドスピードはどれくらいの人におすすめ?

ザ・ルーツSuiシリーズのシャフトはスインガータイプのゴルファーが楽に高弾道を得られる設計です。シャフトのフレックスはSR・R・R2・L(レディス)の4段階をご用意しております。適応ヘッドスピードの目安としましてはSRは40〜43m/s、Rは38〜41m/s、R2は35〜38m/s、Lは32〜35m/sとしております。持ち球との相性や硬さのお好みも加えてお選びください。

もしもお悩みの際には、試打クラブレンタルをご利用いただくか、ルーツゴルフ所属プロ難波までお気軽にお電話ください。
090-3628-5962
※10時〜18時

クラブのセッティングについてアドバイス願います。

ザ・ルーツSuiシリーズでは多様なセッティングが可能です。たとえば、フェアウェイウッドを得意とされる方はW/3、5、7番と揃えて頂き、ユーティリティやアイアンを得意とされる方はユーティリティの4、5、6番を揃えて頂くといった具合に、ホームコースに合わせて、またプレースタイルに合わせてチョイス頂けます。

標準的なセッティング:W/3 W/5 UT4 UT5
フェアウェイウッドが得意な方:W/3  W/5 W/7 UT/5
ユーティリティが得意な方:W/5 UT/4 UT/5 UT/6
打ちやすいクラブで整えたい方:W/5 W/7 UT/5 UT/6

090-3628-5962