RSS
 

ザ・ルーツSuiシリーズ

  • 飛距離を取り戻したいアクティブシニアの方
  • ルール適合なのに、飛ぶクラブが欲しい方
  • ヘッドスピードに自信はないが、遠くまで飛ばしたい方
  • キャリーを出して飛距離を伸ばしたい方
  • 楽に高弾道の球筋を打ちたい方
  • 簡単に真っすぐ飛ぶ、やさしいクラブが欲しい方
  • 機能面だけではなく、美しさにもこだわりたい方

Suiシリーズについて、開発者の其阿弥氏にインタビューしました

以下インタビュー映像からの書き起こしです

(1)Suiシリーズはどのようなゴルファーに向けて開発されましたか?
この「ザ・ルーツSuiシリーズ」は、昔と比べ飛距離が落ちてきたなぁと感じ困っておられるゴルファーに向けて開発させていただいたクラブです!
「年齢的に体力が落ちてしまってヘッドスピードに自信がない」と諦めずに、今のスイングのままで、楽に飛距離を取り戻して、ぜひベストスコアの更新を目指していただきたいと思っております!
(2)ヘッドスピードに自信がなくてもドライバーの飛距離が伸びるのはなぜですか?
ラウンド中、ドライバーでフック系の球、俗に言うチーピン球(笑)を打った時、同伴の方から「狙った方向より左に飛んでしまったけど、強い球でランも出て良く飛んでたよね!勿体ないなぁ…」って言われた経験があると思います。

フックが強すぎたり、出球の方向性が乱れてしまったら全く意味はありませんが、この強い球筋のまま方向性が定まれば間違いなく飛距離は伸びます!

例えばのお話しです。
ドライバー、FW、UT全て同じなのですが、このクラウン面は、丸みの頂点を少しだけトゥ側へずらしています。
また、このマークもフェースの中心から少しだけトゥ側へずらしています。

打点位置とヘッドの撓み方との相関関係を研究しまして、こういった細かい工夫も入れ込んだ事で、少しだけ右方向へ勢いよく飛び出して、ドロー回転で狙った方向へ戻り、着地してからランが出る、分かりやすく言えば、“フック系の球の良いところだけを取りだして”飛距離を伸ばしてくれるクラブになっていると思って下さい!
(3)私も実際に打ってみて、Suiアイアンも抜群に飛ぶと実感していますが、“易しさ”も実感できたクラブでした。どう進化したのでしょうか?
ゴルフクラブではどうしてもカバーできない点が1つあります。それはその方の「身体の硬さ」です。年齢を重ねられますと自然に身体が硬くなってしまい、そうなるとどうしても手打ち気味になってしまいます。

手打ち気味だとどうしてもヘッドが外から降りてくる、所謂、アウトサイドインの軌道になりますので、ほとんどの方がフェース面のトゥ側でボールを打たれています。

通常、アイアンヘッドは強度を保たせるために、この部分(フェース接地部分)に有る程度の幅を持たせます。となりますと、このフェースの撓む範囲がその分だけ狭くなり、必然とスイートスポットも狭くなってしまいます。

この「ザ・ルーツSuiアイアン」は、このソール側からトゥ側にかけて、フェースの撓む範囲を最大限に広げていますので、一般的にはミスヒットとなるトゥ寄りで打った球でも、アーメットフェース独特の撓みも使って気持ち良く弾き飛ばしてくれる構造になっています。

本当ならミスヒットになってしまうのがミスヒットで無くなる! 飛距離を最大限に引き出してくれるスポットが格段に広くなったアイアンです!
(4)Suiシリーズの開発時にどんなところに苦労しましたか?
当然、前のモデルより更に進化した製品でなければいけない。1人でも多くの方々から飛距離が伸びたと言っていただける製品にしなければいけない。というプレッシャーはありますが(笑)、私自身ゴルフが本当に大好きなので、新しい製品を作るのが楽しいんです!(笑) ですから苦労とは全く思いません!(笑)
(5)発売開始されてから、お客様の反応はいかがですか?
これは試打クラブのレンタルをして頂いた方からのアンケート用紙の一部です!
実はこの用紙が私のクラブ開発における源になっているのですが(笑)、おかげさまで皆様から本当に有難い評価を頂戴しております。
当然、自分には合わなかった!(笑)と書かれている方も居られますが、アーメット独特の打音や打感、見た目のデザイン等色々とある中で、一番はやはり「飛距離」ですね!

この「ザ・ルーツSuiシリーズ」を発売してから、ルール不適合の高反発クラブを使う事に抵抗を持たれている方が多いんだなぁと改めて実感しました。「ルール適合クラブだけど、高反発クラブ以上の飛距離が出た!」という結果を目にする度に、開発担当者として無茶苦茶喜んでます!(笑)
(6)最後に、もっともっと飛ばしたい!と願われているゴルファーへ一言お願いします!
まだルーツゴルフの製品を打った事が無い!という方は、ぜひ一度実際に打ってみて下さい! 百聞は一打にしかず!!です。飛距離の違いをしっかりと実感していただけると思っています。
ルーツゴルフでは、3泊4日で試打クラブをお貸出しするレンタルシステムをご用意しています。製品に関するご質問があれば、喜んでお答え致しますので、いつでも私までお気軽にお電話下さい!

今後も「アマチュアゴルファーの為のゴルフクラブ作り」にこだわり続け、一人でも多くの方に喜んで頂けるクラブを“楽しみながら”作り続けていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します!

  • ドライバー
  • アイアン
  • フェアウェイウッド
  • ユーティリティー
  • パター

The Roots Sui Series商品イメージ

ルーツゴルフ クラブアドバイザー奥野に聞く「ザ・ルーツSuiシリーズ」

ザ・ルーツSuiシリーズは、どのようなクラブですか?

ザ・ルーツSuiシリーズは、ヘッドスピードに自信がない方にも楽に振れて、スイング中のミスもカバーしてくれ、とても簡単に飛ばせるクラブです。 
60代〜70代のアクティブシニアの方、50代で楽に飛ばしたい方におすすめです。諦めかけていた飛距離を取り戻せるクラブです。

「アーメットGシリーズ」と比べて、どこが違うの?

ルーツゴルフのクラブは、飛距離アップの秘訣であるアーメットフェースを用い、アマチュアゴルファーにやさしく作られている点で共通ですが、アーメットGシリーズは、やや重めで、しっかりとした打ちごたえ、手ごたえを求める方に向いています。

飛距離アップと共に操作性もアップさせたいゴルファー向けですね。

Suiシリーズは、楽に振ってやさしく飛ばせるクラブです。アーメットGに比べ、軽く作っており、クラブがヘッドスピードをどんどん加速してくれ、大きな飛距離をびっくりするほど簡単に生みだす設計です。

同タイプの前シリーズ「Karyouシリーズ」と比べ、どこが違うの?

Karyouシリーズはその大きな飛びで大変な好評を頂戴しました。このSuiドライバーはKaryouよりも重量も軽くなり、クラブヘッドが自動的に走る感じで、球もつかまり、ドロー系の球筋が出し易くなりました。またSuiアイアンはロフトがKaryouアイアンより約2度立っており、シャフトが約5mmほど長くなっていたり、6番から9番のヘッドにはタングテン金属がヒール側に取り付けられ、ヘッドターンのし易さも上がりました。これらは全て飛距離アップに直結する要素ですので、びっくりするほどの飛距離が得られます。

Suiドライバーを実際に購入されたゴルファーの反応は?

ザ・ルーツSuiドライバーをご購入いただきました方は、60代〜70代前半ぐらいの方が非常に多く、

・今までのドライバーよりも弾道が高くなり、15ヤードぐらい飛ぶようになった
・コンペのドラコンを始めて獲得した
・若い頃の飛距離以上に飛んだ
・ボールが芯でとらえやすく、手応えが気持ちよい
・他のメーカーのドライバーより打球音が素晴らしく、打っていて楽しい

などといった声を頂戴する事が多いです。

ドライバーに求められるもの、それは「飛距離」です。しかし加齢と共にどうしても飛距離は落ちてまいります。
そういった時にあと10ヤード、15ヤード伸ばすことができれば、セカンドショットも楽になり、ゴルフスタイルも大きく変わってくるはずです。
そういったゴルファーのご要望にお応えするのがこの「ザ・ルーツSui」になります。

「ザ・ルーツSui」ドライバーは297g(硬さRにて)とシニア向けドライバーにありがちな軽いドライバーではございません。
軽いドライバーは振りやすいのですが、軽すぎるが故の弊害が出てまいります。
例えば振り回し過ぎて芯に当たらない、体を使わなくなり手打ちとなって飛距離が逆に落ちていく、ボールの球質自体が軽くなるなどです。
飛距離をしっかりと出したい時にはきちんと振りきれる範囲内で一番重さのあるドライバーを選ばれることをお勧めします。

ドライバーの弾道特徴は?

10.5度、HT(12度)のロフトがありますが、どちらもそのロフトに対して、少し高めの出球です。重心深度を浅めに設計しているため、低スピンで直進性が増し、飛距離アップにつながります。また、落ち際の角度は浅くなるため、ランも期待できます。

HT(12度)をお使いの場合は、ディスタンス系のボールをご利用頂くと、高打ち出し、低スピンの理想的な弾道となります。

ヘッドスピードはどれくらいの人におすすめ?

ザ・ルーツSuiシリーズのシャフトはスインガータイプのゴルファーが楽に高弾道を得られる設計です。シャフトのフレックスはSR・R・R2・L(レディス)の4段階をご用意しております。適応ヘッドスピードの目安としましてはSRは40〜43m/s、Rは38〜41m/s、R2は35〜38m/s、Lは32〜35m/sとしております。持ち球との相性や硬さのお好みも加えてお選びください。

もしもお悩みの際には、試打クラブレンタルをご利用いただくか、ルーツゴルフ クラブアドバイザー奥野までお気軽にお電話ください。
090-3628-5962
※10時〜18時

クラブのセッティングについてアドバイス願います。

ザ・ルーツSuiシリーズでは多様なセッティングが可能です。たとえば、フェアウェイウッドを得意とされる方はW/3、5、7番と揃えて頂き、ユーティリティやアイアンを得意とされる方はユーティリティの4、5、6番を揃えて頂くといった具合に、ホームコースに合わせて、またプレースタイルに合わせてチョイス頂けます。

標準的なセッティング:W/3 W/5 UT4 UT5
フェアウェイウッドが得意な方:W/3  W/5 W/7 UT/5
ユーティリティが得意な方:W/5 UT/4 UT/5 UT/6
打ちやすいクラブで整えたい方:W/5 W/7 UT/5 UT/6

ワッグル2017年10月号(8月20日発売)にザ・ルーツSuiアイアンが紹介されました。

ワッグルSuiアイアン掲載記事

ワッグル7月号(5月20日発売)「アイアン新作レポート」と「最近の飛び系アイアンが超すごい」の2つの特集におきまして、同時にザ・ルーツSuiアイアンが紹介されました。

ワッグルSuiアイアン掲載記事

ワッグルSuiアイアン掲載記事

ワッグル6月号(4月21日発売)「最新ドライバーセレクション」特集におきまして、Suiドライバーが“高さを出しながら飛ばせるモデルで飛距離性能もかなり優れている”と高く評価されました。

ワッグルSuiドライバー掲載記事

090-3628-5962